【分かりやすく解説|阿智村日本一の星空】ナイトツアー・浪合パークどっちがいい?

日本一の星空で有名になった阿智村のナイトツアーと浪合パークについての解説です。
どっちも阿智村にあって星を見る施設なのですが、HPがオシャレなのでイマイチよくわからない・・・


そんな人へ満天の星空が見られるようにするための旅行日程の組み方や気を付けたいこと、予約の仕方や持ち物などをまとめました。
「今年初めて行く!」という方はまず読んでから旅行の日程やチケット手配しましょう。
阿智村のナイトツアーは気を付けないとチケット購入後は一切返金してもらえないのでしっかり確認して予約する必要があります。

阿智村で星空を見るためにしておくこと
  • 無料の神アプリを2つダウンロード、天気予報は2つのサイトをWチェック
  • ナイトツアーの予約は当日か早くて前日
  • 浪合パークで星空撮影、ナイトツアーで星空観賞目的によって行先を分ける
  • レジャーシート・虫よけ・防寒・雨対策しっかりと
スポンサーリンク

いつ行く?計画するときに気にする条件は?

阿智村に関わらず、星空観賞もしくは星空撮影する場合気を付けないといけないのが天気です。
晴れであることはもちろん重要ですが、意外と見逃しがちなのが月の満ち欠け
月の満ち欠けは天気予報と違って前もって知ることができるので、まずは月の満ち欠けをチェックして旅行の計画を立てましょう!

阿智村の公式インスタグラムでは、阿智村の星空の様子や星の話などが更新されているのでチェックするのもオススメです。

便利な無料神アプリ

星空観賞や撮影する人はスマホに入れておくと便利な無料神アプリがあります。

月の満ち欠けは月齢カレンダーで調べることができるよ!

月齢カレンダー:月の満ち欠けを知ることができます

星座盤:スマホを見えてる星に向けると星座が分かる

7月で星空を見るなら以下の日にちがオススメです▼

7月の星空撮影に適した日はこんな感じ!

あれ?16日はまだ月が明るいんじゃないの?

月は満ち欠けによって登ってくる時間が変わってくるので、満月の後数日は月の出(空に昇ってくる時間)が遅い時間に昇ってくる為、その時間までであれば星空を撮影することができます。

アプリのカレンダー日をタップすると詳しい時間が分かる

空に月が昇ってくる時間が21:16だからそれまでは星空撮影できるよ!

星空を見に行っても星座が分からない・・・という人におすすめの星座が分かるアプリも一緒にダウンロードしておきましょう。
解説がなくても場所が分かって結構楽しいです。

天気予報チェックにオススメなサイト

次に天気予報のチェックです。
日本気象協会が発表している星空指数を参考にするのもありです。

写真/阿智村星空指数より

都道府県や市町村を絞り込んで探すことができ、確率もパッと見て分かるので非常に参考になります!
ただ、星空指数だと何時に空がどうなるかまでは詳しくわからないので、GPV気象予報もよく使っています。

場所が分かればかなり正確に分かるので、あわせて見てみるのも◎。

GPVとは?
気象庁や米国海洋大気局等の気象予測モデルをスーパーコンピュータで計算した予測値を指します。

スマホ版よりもPCの方が見やすいです

黒は晴れ グレーや白が曇り 色付きは雨です

1時間ごと雲と雨の動きが分かるよ!

GVPでは詳細(翌日まで)と広域(11日先)まで見ることができます。

なぜ阿智村がいいの?


さらに周りが暗いことが絶対条件です。
いくら天気が良くて月齢で月の灯りがなかったとしても、人工的な光(街頭や家の明かりなど)がある場合は、それよりも光が弱いので見える星の数は減ってしまいます。

だから都会では見えにくいんだね


阿智村は周りが山に囲まれているため真っ暗。
街灯もほぼない、とても暗い場所です。
(阿智村のある南信州地域は人口も少ない市町村が多いため街灯や民家の灯りも少なく、本当に暗いです)

晴れ間と月齢を確認したらいざ、阿智村へ

阿智村へ行く日を決めたら次はどこで見るか?
阿智村には星を見るスポットが2か所あります。(その他キャンプ場でも見ることはできます)

阿智村のどこで星空を見るのがいい?

阿智村で星空観賞するならココ
ナイトツアーと浪合パークの違い
  • 行く手段が違う
    ナイトツアー:ゴンドラでしか行けない
    浪合パーク:車で行ける
  • 星を見る時間が違う
    ナイトツアー:ライトダウンは30分間
    浪合パーク:18:00-24:00
  • 暗さが違う
    ナイトツアー:すべての電気が消えて真っ暗に
    浪合パーク:足元灯は点灯、車の出入りがある
  • 料金が違う
    ナイトツアー:月の満ち欠けや土曜日は高くなる2000円~3200円
    浪合パーク:いつでも料金は同じ
    (撮影プランは1500円、鑑賞会は1800円、コンテンツは5000円~)
  • 場所が違う
    ナイトツアー:阿智村園原(昼神温泉から車で15分)
    浪合パーク:阿智村浪合(昼神温泉から車で25分)
  • キャンセル・変更が違う
    ナイトツアー:一度予約したチケットは一切変更キャンセルできない
    浪合パーク:日にちの変更・人数変更可能。キャンセルは当日15時まで可能

阿智村で調べると「蛇峠山の馬の背」や「長者峰展望台」が出てオススメされていることがありますが、馬の背へ行く手前が別荘地の為夜に馬の背へ行くこと自体禁止されています。
また長者峰は阿智村ではなく隣の平谷村です。
更に長者峰で見ると愛知県や岐阜県の灯りが下に見えるため阿智村で見る星空より見える星は少なくなります。

地域で暮らしている人の迷惑にならないよう、決められた場所で楽しもう。

私有地や村民の畑や田んぼへの侵入は禁止です。マナーを守って鑑賞しましょう。

星を見るならナイトツアー

写真/ナイトツアー公式より

今年で11年目になった阿智村のナイトツアー。
6500人の小さな村に星空を求めて全国からお客さんが殺到して、ココがきっかけで長野県内の色んな地域のスキー場でも夜営業してゴンドラを運行するようになりました。
阿智村のナイトツアー年間通して営業しています。
季節によって見える星座が違うので季節を変えて行くのもオススメ。(ゴンドラの安全点検で運休している期間もあります)

目的地は「天空の楽園 日本一の星空ツアー」で設定してね

カーナビは電話番号で入れると山頂駅(車で行けない)へ案内する場合があるので注意

山頂駅へナビ設定すると途中で道がなくなります

古いナビや設定を間違えると途中で道がなくなって引き返せないよ



阿智村はコラボイベント(過去にはDJKOOさんや稲川淳二さん、大塚愛さんとのコラボも)を開催していることが多いため星に詳しくない方でもイベントと合わせて楽しく見ることができます。

7月初めは短編映画祭開催予定 写真/公式HPより

ナイトツアーの予約方法【日帰りの場合】

ナイトツアーに参加する場合はチケットをとる必要があります。
2週間前の販売ですが、早めにとると当日天気が悪くなって星が見えない可能性があります。
雨でも一切返金対応はしてもらえないので、当日にチケット予約がいいです。

  • 日帰りで行く場合
    自分でネットで予約する(現地では販売していない)
  • オフィシャル施設へ宿泊する場合
    宿でチケット手配してもらえます

ナイトツアーの予約方法【オフィシャル施設へ宿泊して行く場合】

オフィシャル施設の場合はチケット付きプランでなくても

当日チェックイン時に手配してもらえる旅館もあるよ。

天気を見てから予約できていいね!

旅館泊夕食の時間があるので、旅館に泊まる場合は宿に手配をお願いしたほうが安心です。

個人で一度購入したチケットは払戻できないから要注意!

ナイトツアーの予約方法【日帰り・オフィシャル施設以外の宿泊で行く場合】

この場合はご自身でネット予約で手配するしかありません。
注意しなければいけないのが、一度予約すると変更キャンセルが一切できないことです。

2022年のナイトツアー基本情報
  • 開催期間
    4月16日~2023年3月26日
    夏は7/9-8/31、9/17-19が開催期間です
  • 期間中の除外期間
    (ゴンドラ運行していないのでナイトツアー会場に行くこと自体できません)
    5/22-7/8,9/1-9/16,9/20-9/22,11/20-12/23,1/10-1/23
    ※2022年は9月も運休が予定されています。注意しましょう
  • 料金
    2019年ごろから料金が変動制になりました。
    平日や月が明るく星が見にくい日は安く、お盆や連休など混雑する日は料金が高くなります。
    大人:2000円~3200円
  • タイムスケジュール
    通常営業
    17:00~19:30 上りゴンドラ運行
    20:00~20:30 ライトダウンタイム(星を見る時間)
    20:30~ 下りゴンドラ運行

    サマータイム営業(7月~8月)
    17:30~20:00 上りゴンドラ運行
    20:30~21:00 ライトダウンタイム(星を見る時間)
    21:00~ 下りゴンドラ運行

    ウインター営業(12月~3月) 
    18:00~19:30 上りゴンドラ運行
    19:00~20:30 ライトダウンタイム(星を見る時間)
    ※この中で15分くらいの間隔で電気が消えて解説があります。
    時間中ずっと電気が消えているわけではないです。
    下りゴンドラ常時運行
  • 駐車場
    無料で2000台停められます。
    そのまま車中泊などはできません。

雨で星が見えなくても一切返金されない

ネット予約基本情報
  • 予約開始は2週間前の午前10時から販売
    例)7月20日に行く場合は7月6日の10時から購入できる。
    →ただし早く取りすぎて天気が悪ければ見られないので、前日か当日予約をオススメします。
  • オフィシャル施設は期間関係なく手配可能
    個人手配の2週間前よりも先に完売している時間がある可能性がある。
    (夕食後の時間などは特にオフィシャル施設が抑えてしまっている場合もある)
  • 一度購入したチケットは一切返金キャンセルできない。
    人数を間違えた/雨で星が見えない/日程を変更したい等の理由も不可

予約手順を解説するよ!

公式サイトへ行きチケット予約へ。

注意事項を確認して「同意いただいた方はこちら」をタップ

チケット購入をタップ。

次は上りゴンドラのチケットを確保します。
ゴンドラに乗る時間のチケットを取ります。

到着する予定のチケットを予約だよ

19:00のチケットは19:00-19:15の間に乗り込む 写真/公式HPより
「○○空きがあります」はチケットの残席です

次に人数を打ち込みます。

1回の予約で10人まで取ることができます

次は支払方法を選びます。

1週間前の場合はセブンイレブンでも購入できます

チケット枚数と時間が合っているか確認して注意事項を読んで次へ進みます。

「チケットを申込む」押してもまだ確定じゃないので大丈夫です。

次に個人情報とカード払いの人はカード情報を入れます。
※確認メールにQRコード付きのチケットがメールに来るのでアドレスの打ち間違え注意!

完了すると予約番号が出てチケットのQRコード付きのメールが来ます
QRコードを当日ゴンドラ乗り場の機械に読み込ませれば乗車できます。

電波障害などに備えてQR画面をスクショしておこう!

メールセキュリティー強化していて届かないよ!

申込み済みチケット照会をして再度メール送ることができる


コンビニ払いにした場合もメールが来ます。

下にスクロールするとURLが出てくるのでそこをタップするとコンビニ引換券が表示されます。

コンビニの場合は発券手数料が上乗せされます。

2日間有効なので期間内に近所のセブンで発券しよう

ヘブンスそのはら
満天の星が見えますように!


チケット予約した時間にゴンドラ乗り場に行ってQRコードを機械に読み込ませれば乗り込むことができます。


山頂駅へ着いたら広い原っぱ(冬はゲレンデになる)なので好きな場所にレジャーシートを広げて夜を待ちましょう。

夏場でも涼しいので寒がりさんは撥水機能のコンパクトになる羽織があると便利です。

山頂には飲食店がないので買って持ち込むのがオススメ。

火器は持ち込めないけど、飲食の持ち込みはできるよ!

夏場は夕方雨が降る日が多いからポンチョがあると便利

星を撮るなら浪合パーク

ナイトツアーの人気を受けて5年前にオープンした阿智村の浪合地区(治部坂高原)にある星をのんびり楽しむための施設が浪合パークです。

ナイトツアーは星空観賞が30分ほどで、滞在時間が短いのが難点です。
しかも、その時間中は星空ガイドがレーザーポインターで夜空を指しながら解説してくれるのでその時間中撮影するとどうしてもポインターの線が写りこんでしまいます。

こんな感じになっちゃう

なので、写真を撮りたい人には浪合パークがオススメです。
浪合パークはガイド付きの鑑賞会とガイドナシのコンテンツプランがありましたが、この夏から新たに撮影プランや観測プランが増えて星空撮影する人が利用しやすくなりました

浪合パーク基本情報

鑑賞会と撮影プランや観測プランは定員に達していない場合は予約なくても当日現地へ行けば参加できますので、天気見て良さそうだったら行けるのも気軽に行けて◎です。


さらにコンテンツは事前の予約制ですが、当日15時まではキャンセル料がかからないのでとりあえず予約しておいて当日の天気次第で判断すればいいです。
(鑑賞会や撮影・観測プランもキャンセルは15時まで無料でできる)

なにより、浪合パークは営業時間が長いのでタイムラプスや撮影も思いっきりできるのも撮影する人にはうれしいポイント。

浪合パークもSNSがあるので、チェックしていくのがオススメ。
カメラのサブスクGOOPASS主催のプロのカメラマンさんが教えてくれる撮影会などもたまに開催しています。

20:00-20:45の鑑賞会が終われば後は静かに撮影できるよ!

持ち物は?

ナイトツアーいくにも、浪合パークに行くにもレジャーシートと長袖の羽織があった方がいいです。
ナイトツアーは標高1400m・浪合パークは1200mなので真夏でもひんやりしています。
風が吹くとさらにひえるので念のためコンパクトアウターは持って行った方が安心です。

あとは虫よけ
山の中なので夏場はそのまま行くと足や腕をボコボコに刺されます。

浪合パークは備品のレンタルもしているので、カメラがない人もカメラ三脚セットをレンタルすることができます。(SDカードは忘れずに持っていきましょう

まとめ

ナイトツアーと浪合パークの違い
  • 行く手段が違う
    ナイトツアー:ゴンドラでしか行けない
    浪合パーク:車で行ける
  • 星を見る時間が違う
    ナイトツアー:ライトダウンは30分間
    浪合パーク:18:00-24:00
  • 暗さが違う
    ナイトツアー:すべての電気が消えて真っ暗に
    浪合パーク:足元灯は点灯、車の出入りがある
  • 料金が違う
    ナイトツアー:月の満ち欠けや土曜日は高くなる2000円~3200円
    浪合パーク:いつでも料金は同じ
    (撮影プランは1500円、鑑賞会は1800円、コンテンツは5000円~)
  • 場所が違う
    ナイトツアー:阿智村園原(昼神温泉から車で15分)
    浪合パーク:阿智村浪合(昼神温泉から車で25分)
  • キャンセル・変更が違う
    ナイトツアー:一度予約したチケットは一切変更キャンセルできない
    浪合パーク:日にちの変更・人数変更可能。キャンセルは当日15時まで可能

お天気と月の満ち欠けをチェックして楽しい星空観賞をしてみてくださいね。
宿泊は2つの施設の丁度真ん中にある昼神温泉がオススメです。
お湯がトロっとしていて気持ちいい!

 

7月14日までは長野県の近隣県の人は宿泊割引あるのでぜひチェック!

この記事を書いた人

長野県最強スーパーTSURUYA(ツルヤ)と山がすき。
本業は観光関係の会社員。
旅行が好きすぎるため今の仕事はほぼ趣味のようなもの
△▲△▲△
好きなリンゴはシナノゴールド
好きな山は大天井岳
冬はもっぱら温泉めぐり

\ FOLLOW ME /
長野を旅行
\ FOLLOW ME /
長野ひとり旅のすゝめ
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました