当ブログについて

ご覧いただきありがとうございます。
まいたけです。
長野県最強スーパーTSURUYA(ツルヤ)と山が好きな信州産ソロハイカーが運営しています。

ブログの内容

このブログでは長野県の最強スーパーTSURUYA(ツルヤ)の特にオリジナルブランドの紹介ひとり登山に役立つ情報を分かりやすく投稿しています。

ツルヤの商品は全部自分で実際に購入したものをご紹介です

山登りも女性のソロの方でも楽しめるような情報をたっぷりと

ひとり旅

わたしは旅行が好きです。
好きすぎて趣味だった観光・旅行が今や仕事になりました。

長野県と言えば国宝松本城!


前職は有名アパレルにて働いていましたが、ストレス&激務で常にイライラな毎日。
体調を崩したり、貧血になり、一生働くの無理かも・・・と思い30手前で転職しました。
今は趣味でお金がもらえる!って思えるような素敵な環境で毎日働いています。
(転職したら貧血も、イライラもなくなりました)
仕事柄観光関係の情報が入りやすいので、それを「ひとり旅」というカテゴリーで発信していきます。

長野県に住んでいると車は必須なので、毎日良く運転もします。

どこへ行くにもフィットと一緒


長野からフェリーに愛車を乗せて秋田・青森・岩手をひとり旅したりしたことも・・・
仕事終わりで岐阜・富山行ったり、車中泊も普通にします。

道の駅って見るだけでワクワクします。

さらに温泉も好きです。
「源泉かけ流し」とか「オーバーフロー」とか聞くと行かないと!という使命感にかられ休みの日には早速車を走らせて行ってしまいます。
おしゃれな日帰り入浴施設よりも、泉質が良ければくたびれた秘湯の方が好きです。

乗鞍にある源泉かけ流しの無料温泉

長野県は公共浴場数日本一!
温泉が多いので山登り帰りはもちろん行きますが、冬の寒い時期に入りに行ったり、ドライブに行ったついでに気になってた所に手ぬぐい1枚持ってフラッと入ったりもします。
県内の各地域にはお気に入りの温泉があって結構何度もリピートしちゃう感じです。

海外旅行も好きです。
大学卒業後2年間タイで働いていたので、タイが一番身近な国です。

タイ旅行は里帰り感覚


コロナ前は連休になったとたんに航空券を買って、安いホテルを見つけてきてよくひとり旅もしました。

モロッコの青い街シャウウェンで仲良くなった女の子


マレーシアで東南アジア最高峰の山にもひとりで登りに行ったりもしました。

富士山よりも高い東南アジア最高峰の「キナバル」4095mからの雲海

早く世界中旅行できるような世界になってほしいです。

海外旅行に行けるようになったら「ひとり海外旅行」のカテゴリー増やしたいと思っています。

ひとり暮らし

実家は上田市ですが、今は長野県の南信で仕事をしているので、ひとり暮らしをしています。

今住んでいるのは標高1100mの山の中。

家の駐車場から見える星空

電波もあんまりないところです。
ブログはテザリングで毎朝ちょっとづつ更新。

冬場は寒すぎて家中の水道が凍ったり、実家では味わえないあり得ないことがちょこちょこ起きます。
静かで自然が豊かで夏はエアコンいらず。
涼しくて人混みが苦手なので、結構気に入っています。


あと家賃が広いのに激安1LDKでびっくり価格の2万円(共益費なし&駐車場代込み)
ただ、冬が寒すぎて街中へ引っ越そうと思い、不動産屋さんを回って内したのですが、
あまりの高さに悩んでいたら春が来てしまいました。
春になり、快適な山暮らしになってきたので一旦保留して相変わらず激安住宅に住んでいます。
ブログが収益化して家賃が払えるようになったら引っ越ししたいです。

ひとり山登り

わたしは中学登山で山嫌いになりました。
長野県民はみんな梅雨時期にある学校登山で山が嫌いになります。

その後さっぱり登っていなかったのですが、20代の頃失恋した時に自然の癒しを求めて軽い気持ちで白馬の山へ。
丁度友達が山岳ガイドだったこともあり、うまくのせられて登った唐松岳ですっかり憑りつかれてしまいました。
唐松岳は曇天&最後は雨だったので今思えば景色も良くなかったのですが、自分の足で最後まで登り切った達成感と仕事のストレスや失恋の辛さを忘れられた非日常がなんともたまらなくよかったのです。

好きなのは槍ヶ岳が見える表銀座ルート


その後は山友達と休みが合わず、天気がいい休みに登れないのがもったいなくなり、
結局天気のいい日に登れることを優先してひとりで登るようになり、今に至ります。

ホームマウンテンの黒斑山からみる浅間山。秋も、冬も最高!

失恋は次の恋で乗り越える的なことを聞きますが、わたしの場合は山登りのおかげで乗り越えたと言っても過言ではありません。
登りはつらくて失恋どころではないので、山登り中は仕事の事や普段の生活のモヤモヤなど色んな事をすっかり忘れてただひたすらに山頂を目指して登るだけ
というシンプルさがストレス発散できて「最高の趣味を見つけてしまったな。」と思っています。

冬はゆるく山を見にハイキング

あと登山流行ってるし、きっといい出会いがあるかな?と下心を持って登っているのですが、ひとり登山5年。
今のところさっぱり結果は出ていません。

結局日帰りだったのが縦走登山をするようになり、山小屋泊に。
山小屋泊がテント泊に。
テント泊1泊が2泊に・・・とひとりで登るスキルがあがってしまい、なかなか一緒に登ってくれる殿方が逆にいなくなっている気がします。

一番好きな山「大天井岳」で見た雲海と三日月と槍ヶ岳最高だった

ソロで登っていると言うと「危ない」とか「友達いないの?」とか心配してもらうのですが、ひとりで登ると同じタイミングで登っていた人と仲良くなれるので、わたしはとても気に入っています。
あと何よりも自由なので、好きな時に登り、好きな時に休み、好きな時に下山、好きな温泉に浸かれるフリーダムな感じがたまりません。

山での行動食はりんごが多め。間違って落としてもゴミにならない

歩くのが早いわけでもないので、マイペースに楽しめるソロ登山。
やっぱいいなぁと思います。

移動や駐車場などが高いのがたまにキズですが、そのデメリットよりもソロハイカーのメリットは大きいです。

ちなみにたまに予定が合えば山友達と登ったり、定年退職して暇になった父と登ったりもします。

真夏なのに雪が残っていることに感動する超初心者の父と富山の名峰「剱岳」

最後に

わたしの記事が誰かのご参考に少しでもなれたら・・・
長野県へ旅行しよう!というキッカケになれたらうれしいです。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました